人と暮らし


デンマークでの福祉視察

 家族概念の大きな変化に伴って、高齢者のみ世帯、高齢者のひとり暮らし、結婚しない単身世帯化も急速に進んでいます。さらに、地縁意識の希薄化や、社会の停滞感、生きにくさの顕在化など解決が困難な課題も増えてきております。

 そのような時代背景のなか、生き方、暮らし方、住まい方も多様化し、こたえがひとつではない世の中になりました。

 人と暮らし部会は、さまざまな世代が、お互いに助け合い、支え合って暮らすためには何が必要なのか、を課題とし、暮らしの身近な問題でのサポートをはじめ、少子高齢社会に順応できる“ひとりでも安心して暮らせる住まいづくり”など、人々のさまざまな悩みに寄り添って活動していきます。

コンテンツ

MENU

CLOSE