ご提案する大規模修繕の流れ

  • 大規模修繕に取り組む体制の検討を行います。

  • ・大規模修繕委員会の立ち上げ

    ・コンサルタントの選定

    大規模修繕工事に取り組む体制を検討します。検討をサポートするコンサルタントの選定、工事完了まで継続して取り組む大規模修繕委員会の立ち上げ等を行います。

  • 大規模修繕を行う前に、共用部分等の劣化、損傷度、不具合、問題点等を正確に把握し、その原因や各部の耐久性、耐用性を明らかにします。

  • ・アンケート調査

    直接立入りの容易でないバルコニー等についてのアンケート調査を実施します。

    ・みんなで建物診断

    建物の劣化状況を知っていただくために、実際に建物の内外をまわり、建物診断を体験するイベントを行います。

    塗装の調査を見学
    タイルの浮きを確認

    ・建物診断報告会

    建物診断やアンケート結果について報告会を開催します

  • 1に基づき、改修内容を明らかにし、予算額を設定します。(としまち研で仕様の作成・概算額の算出を行います。)

  • ・修繕内容の検討・決定

    としまち研の提案や住民のアンケートでの意見等をもとに、どのような修繕を行うかを検討します。

    ・基本計画決定の臨時総会

    総会で大規模修繕基本計画案を審議・決定します。

  • 数社による指名見積合わせ方式で、価格や取組姿勢等を総合的に判断して決定します。(としまち研で選定資料を作成。)

  • ・業者選定の公開ヒアリング・臨時総会

    透明性・公正性に留意し、組合のヒアリングを経て、最終的には総会で工事条件も含め決定します。

    ・工事説明会

    工事に先立ち、住民への工事説明会を開催します。

  • 工事中は、工事業者と週1回定例会議を開催し、工事内容をチェックします。

  • ・工事実施状況の把握

    ・みんなで工事監理

    工事期間中に、工事がどのように進んでいるかを実際に見て確認をするイベントを行います。

  • 完了検査をし、発見された問題を解決します。また竣工図書を取得し、保管します。工事完了後の1年目の定期点検に立会います。(無料)

  • ・大規模修繕の報告会

    大規模修繕終了の報告会、竣工パーティ等を開催します。
    完了後、1年目の定期点検等が実施されます。

次のページ> マンション建替えコーディネート

MENU

CLOSE